赤玉でたか。

ヤル気のないタクシー運転手の記録。
(営業区域は、東京都23区・武蔵野市・三鷹市)

来年は亥年です。


こんな、



うだるような暑い日々は過ぎ去り、
肌寒さすら感じられるようになった今日この頃、
私は、ついに“帰庫おくれ”をやらかしてしまいました。
(帰庫おくれ・・規定の乗務時間を超過)
約半年のあいだ、帰庫おくれすることなく、


「オレは、一生帰庫おくれなんざしねぇぜ。」
「フ。」


などと気取り、順調に乗務を続けてまいりましたが、
魔が差したとでも申しましょうか、
先日のこと、営業所まで、あと数百メートルのところまで
来たところで、男性が挙手。


門限まで55分。


スーパーサイン(空車や回送などを電光掲示しているもの)


空車


ですので、特別な事情でもない限り、お断りすることはできません。


でもまあ早朝の5時近く、大概はそのへんの駅までですからね。
そして、今回の行き先は...


「ハネダの国際線まで♪」
「ちょっと急ぎめで♪」



|||||/( ̄ロ ̄;)\|||||||



どんだけ頑張っても、往復で一時間はかかります。


「降りてください。」


は、下車強要といって、訴えられたら重罪です。



あ~あ。



なんでまた...  _| ̄|〇



後悔したところで、何かが変わるワケでもなし、
言い訳できるような状況では全くなく、
首を洗いながら、シレッと営業所に戻りました。


そしたらアータ、
始末書をチラッと書いて、


オレ「次から早く帰って来るんですよね?」
内勤「あかだまさんの自主性に任せますよ♪」


との大岡裁き。


あら?


最近所長が代わったから?


まさか日々の行いがいいから?




とにもかくにも、その日も無事終了。


ふだんは、淡々と過ぎて行くタクドラ生活。


いつまで続けられるか、続けるかは己次第。


「運転は ムリと油断が 事故のもと」


次回も気を引き締めていきましょう。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。