赤玉でたか。

ヤル気のないタクシー運転手の記録。
(営業区域は、東京都23区・武蔵野市・三鷹市)

暑さ寒さも彼岸まで。

先は長い...


人間の想定なんて、軽々と越えてしまう自然の脅威。


もうちぃと、みなさん仲良くしておきませんか。



そしてウチの猫。


推定生後5ヶ月になりますが、どうも私のことを
敵だと思っているようで、近づきますと、


「しゃー!!」っと、威嚇されます。


怯まずじーっと睨んでいますと、こんどは、


「ぎゃー!!」っと、飛びかかってきます。



まぁ、私は二日に一回しかウチにいませんし、
家族の中では一番大きいので、怖いのもあるのでしょうが、
なんだかヤンチャクレになってしまい、寂しいかぎりです。



ところで、
あきさん(どなた?)も、いつぞや記事にしていらっしゃいましたが、
なぜ、タクドラのブログは、続かないことが多いのでしょうか。



私の例。


実は、転職を思い立ったころ、ほかのところでブログを始めました。
始めたころは、毎回の乗務の反省やなにかを、事細かく記事にして
先輩ドライバーから意見や助言をいただいたりして、
それはそれで、ムダではなかっと今は思えます。
そのころは、子どももまだ一人で、時間の余裕もありました。
そして二人目ができ、上の子が大きくなるにつれて、
だんだんと、ブログどころではなくなってきました。^^;
それに、大した売り上げでもないのに、いちいち記事にするのも
メンドーになってきて、もうひとつのブログは、
ほとんど更新しなくなりました。


そして、自分のために記録を残そうと思い、こちらで新たに始めてみたものの、
やっぱりメンドクサイ。


乗務中の逸話も、だいたい似たりよったり...


たまには超長距離仕事にも恵まれますが、


それがどうした...


だんだんと、乗り場からの仕事が多くなり、
ドラマチックなことがほとんどない...


昨今の道路事情を嘆いてみたところで、なにかが変わるワケでなし...



ほかのタクドラさんたちの事情は、私の想像でしかありませんが、
退職された方もいるでしょうし、
所属する会社から突っつかれて、ブログをやめた方もいるかもしれません。


実際、タクシーの仕事なんて、「つまらん。」と思えば
こんなつまらん仕事はありません。
私生活で、なんか楽しみでもあるか、セミリタイヤのような状態でもないと
とても長くは続けられないと私は思います。


私の場合は、下のムスメが成人するまで働き続ける方法として
タクドラをしています。


なので、仕事そのものにあまり興味がない。


ブログが続かない理由は、それがイチバンでしょうか。



「運転は 無理と油断が 事故のもと」



気を引き締めていきましょう。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。