赤玉でたか。

ヤル気のないタクシー運転手の記録。
(営業区域は、東京都23区・武蔵野市・三鷹市)

正義の味方の出る幕はない。

正義なんて存在しないから。



さて、


関東南部、桜の時期は過ぎ去り、新年度が始まりました。


先月は、無事に帰庫おくれすることなく、ほぼ04:00(門限の約2時間前)
に帰庫することができました。


売上げに関しては、時間がどうのとかではなく、
“ヤル気”と“運”に左右されるところが大きいので、
今後も、いつまでも走り回って、資源のムダ使いなんてしていないで、
さっさと帰ろうかと思います。




先日わが家に、猫がやってきました。


以前より愛妻が、「飼いたい」などと申していましたが、
育ち盛りの子どもを二人かかえ、しかもオヤジはヤル気がないタクドラ。
こんな家でペットを飼うなんて、もってのほかだと、ずっと反対していました。


なのにきてしまった、この仔猫。


捨てられているのを拾ってきたそうですが、我がマンションの規定では
犬も猫も、一世帯に一匹しか飼えません。


今後同じように、捨て猫(犬)に出会ってしまった場合、
今度は、見捨てざるを得なくなります。
(ほかに方法はあるとは思いますが...)


ヒトのエゴの犠牲になる小動物たち。


いろいろ考えるとキリがありませんので、
この子だけでも、大切に面倒を見ようと思っています。





そして、






うさんくさい。





とはいえ、



騙されて入ってしまった方も、


転職を前提に、割り切ってはじめる方も、


周りの反対を押し切ってまで、決心してタクドラを目指す方も、


乗務員を踏み台にして、会社の幹部へと上って行きたい方も、


その他もろもろの方々も、


タクシー会社というのは、だれが乗務していようが、とにかくクルマが
稼働していればいいので、


自分の身を守るため、くれぐれも安全最優先でお励みください。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。